密葬という葬儀の形式

葬儀といえば、故人が勤務していた会社の上司や同僚、卒業した学校の同窓生などといった人々を集めて盛大に行うというイメージがありますが、かならずしもそのような形式のものばかりではありません。たとえば、古くから行われている密葬というのは、家族、親族やその他故人が親しかった人たちだけを集めて、一般に告知をせずに内々で葬儀を行うというものです。密葬については、本来の定義はさておき、密葬そのもので葬儀がすべて完結するというのではなく、後で本葬として、会社の関係者などを招いて行う一般的なものが別に予定されている場合などもあります。逆に、みずから命を絶ってしまった人のように、おおやけにすることがはばかられる場合について、密葬というかたちで、家族、親族以外は完全にシャットアウトしてしまうということもありますので、ことばひとつをとっても、いろいろとニュアンスの異なる葬儀のやり方があるということがいえるものです。