家族葬という葬式のあり方

葬式のあり方というのは、時代によっても、人によってもそれぞれであるといえますが、最近では家族葬とよばれる形態のものも、かなり浸透してきているところです。この家族葬というのは、家族や親しい友人などだけが参列して行う葬式のことです。従来のように、会社の上司、同僚、学校の知人、地域の人々などといった、幅広いところから参列者を集めて盛大に行うということではなく、ささやかで落ち着いた雰囲気のもとでお見送りをするということになります。これは費用的にも遺族の負担感が少なくなるものですので、生前から本人みずからが希望をして、しかるべき葬儀社や互助会などに手配をしているケースもみられます。家族葬の場合、式場についても大きな斎場などを用意する必要はありませんが、たいていは葬儀社などでも家族葬を専用にしたホールなどを持っており、法要や宿泊などもそこでできますので、スタッフに相談の上で利用してみるのがよいといえます。