葬儀のあり方としての家族葬

葬儀のあり方というのは、時代によってもかなりの変化をとげているものですが、現在では家族葬というものもしだいに普及するようになってきています。家族葬というのは、文字通り、家族やごく親しい友人程度の人たちだけをまねいて、ささやかに亡くなった人のための葬儀を執り行うというスタイルのことを指しています。一億総中流時代といわれた昔とは違って、いまでは経済的に余裕のない家庭が増えており、葬儀の費用は極力節約したいというニーズとともに、あまり大々的なものとはしたくないという、本人の生前の思いというものもふまえての流行であるといえます。この家族葬については、それぞれの葬儀社で取り扱っているかどうかがわかれますが、もしも取り扱っているという場合には、通常の広々とした式場とは違って、ごく小規模な式場を葬儀社の社屋内、葬祭ホールなどに準備しているのがふつうですので、いちど相談をしてみるのがよいといえるでしょう。