多様化していく葬儀

時代に応じて葬儀は変化していきながら、色々な形式で執り行われています。
地域で執り行う葬儀は、少しずつ少なくなっていき、葬儀社が執り行うものに取って代わっていきました。
近頃執り行われている葬儀は、大まかに分けると二種類に分類することができます。
一種類目は、従来通りに葬儀を執り行うことを案内して、たくさんの参列者の方々に来ていただくというものです。
二種類目は、いわゆる家族葬と呼ばれるものです。
家族葬とひとくちでいっても、家族とごく親しい方たちだけで執り行うものから、親戚の方たちはお招きするもの、親しかった友人たちもお招きするものなど色々あり、参列者の人数も四人ぐらいから八十人ぐらいまでと差が大きいですが、規模に関係なく義理で参列するのを控えていただきたいということは共通しています。
近頃のポイントとなっているのが簡素化と価格を抑えるということで、なるべく無駄をなくして、価格についても前もって比べた上で検討し、安い費用で抑えるという方が多くなってきています。